« 2009年8月2日 | トップページ | 2009年9月6日 »

2009年8月23日

20090823_012

証…前田拓哉 今年4月に洗礼を受けた。昔の自分は、シャイでためらいがちで、
自分に自信がなく、人に影響されていた。また、いじわるなところもあり、人を傷つけていた。
ジョークで言ったことが、トラブルを起こしていた。そして、本当の自分を出すのが怖くなっていった。
大学生になって、友人がファンキークラブに誘ってくれた。外国人が多く、英語が学べると思って行った。
CFCチームがアメリカンナイトに誘ってくれた。そこで、熊のようなジャスティンという人に出会った。
最初、彼のことが怖かったが、彼は僕を鍛えてくれた。神様の話も理にかなっていた。
彼と口論していくうちに、神様を信じていった。気がつくと、ありのままの自分を出していて、
人に影響されない強い心が芽生えていた。
洗礼の前の夜、怖かったが夢で神様に語られた。「恐れるな。ただ、やりなさい。成長していきなさい。
私があなたの未来を守ろう」と…これからは、セルの次期リーダーとして、神様に従っていきたい。

20090823_015

癒しシリーズ④ 聖書的肯定思考 民数記14:30~38

3つの考え方

1、この世の考え方

2、肯定思考

3、聖書的肯定思考 1テサロニケ5:18

①ポジティブなことにフォーカスを当てる フィリピ4:8

②問題にフォーカスするのではなく、問題解決にフォーカスをおく

③否定的な過去に支配されない

④ジーザスと聖書の約束にフォーカスをおく

この世にフォーカスすると、悪い事件ばかりである。何もかもうまくいかないし、
希望がないように思える。総理大臣が悪い、政治家が悪いなどと、言ってしまいがち。
でも、聖書には神様の素晴らしい約束が書かれている。人間は問題だらけだが、
神様にフォーカスすることにより、解決が見えてくる。神様から来る、
聖書的肯定思考が問題解決の道である。

|

« 2009年8月2日 | トップページ | 2009年9月6日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年8月2日 | トップページ | 2009年9月6日 »